Logo Basic

電子式線量測定とパッシブ線量測定:その違いは?

被ばくが常にリスクとなる作業環境では、人体が吸収する放射線量を測定できることが、作業員の安全にとって極めて重要です。この測定は、作業員が周囲の放射線レベルを測定するために着用または持ち運びする個人線量計で行います。

しかし、放射線被ばくについては環境によってプロトコルが異なります。 これらの個別のニーズに対応するために、線量計には電子とパッシブの2種類があります。

電子式線量計とは?

電子式線量計または「アクティブ」線量計は、放射線レベルをリアルタイムで測定し、被ばくレベルが上昇しているか、危険な状態に近づいたときに着用者に警告します。 また、着用者が蓄積した放射線量の推定値も表示されます。このタイプの線量計は、放射線レベルが変動し、急速に危険な状態になる可能性がある環境で特に有用です。

その他の電子式線量測定システムの例を見ましょう »

電子 式線量計はどこで使用されるのか?

電子式個人線量計は、原子力発電所、原子力事故、軍事作戦など、高レベルの放射線が想定される状況で使用されます。 このような緊急事態や高曝露シナリオでは、作業員が周囲を監視できることが非常に重要です。 電子式線量計は、放射線被ばくについて能動的に情報を収集するのに役立ち、緊急対応要員は危険区域にどのくらい滞在できるかを把握して、任務を遂行できるようになります。

受動型線量計とは?

受動型線量計には、人が1週間や1年などの設定された期間にわたってどのくらいの放射線を吸収したのかが記録されるため、後で収集、分析することができます。 継続的にモニタリングする必要がないため、「受動型」と呼ばれます。 定期的に放射線にさらされる職場では、健康に影響が出ない範囲で人が吸収できる放射線量の上限が定められており、受動型線量計は作業員がその上限に達しないようにするのに役立ちます。受動型線量計は、法定線量の記録や規制遵守のために使用されるため、職業用線量測定器としても知られています。

オンデマンド線量計

Mirion Dosimetry Servicesは、電子式線量計と受動型線量計の中間に位置する第3のタイプの線量計を開発しました。受動型線量計と同様に、オンデマンド線量計は累積線量を継続的にモニターし、リアルタイムではなく被ばく後にデータを表示します。 異なる点は、オンデマンド線量計の線量データは、従来の受動型線量計よりもはるかに早く読み込んでアクセスできることです。 電子式線量計のような速度と自己処理能力を有しており、受動型線量計と同じ目的で調整されています。 これにより、着用者はいつ、どのくらいの頻度で職業上の暴露を規制値の範囲内で管理できるかを、より柔軟に決定することができます。

受動型線量計とオンデマンド線量計はどこで使用されるのか?

受動型線量計は、研究室および歯科や獣医を含む医院などの低レベルの放射線に定期的に曝される作業場で使用されます。 最も一般的に使用されている受動型線量計は、フィルムバッジ、熱ルミネセンス線量計(TLD)、直接イオン蓄積線量計(DIS)です。これらの線量計は、一定の期間が終了するまでに回収と分析が行われ、放射線レベルが危険なレベルまで蓄積されていないことを確認します。

ヒント:放射性物質の危険に対処する場合、状況に応じて異なる安全対策が必要です。 環境や産業界の被ばくレベルを監視する最良の方法について、情報を常に把握しておくことが重要です。

ご質問がありますか?専門家にお問い合わせください。
Support

サービスまたはサポートをお探しですか?