Logo Basic

原子炉安全および制御

原子炉は、その運転を安全かつ効率的に保つために、特殊機器と制御システムを組み合わせることで監視されています。この監視は、安全マージンの維持、原子炉の性能の最適化、事故の防止に不可欠です。
Nuclear reactor core

ミリオンの原子炉装置およびRadiation Monitoring Systemsは、原子力事業者が原子炉の安全とピーク時の運用性能を維持するのに役立ちます。

炉内および炉外測定(センシング)

炉心内検出器は、原子力発電所の原子炉心に直接設置され、核分裂反応の中心にある中性子束、温度、その他のパラメーターを測定できます。 炉外検出器は、原子炉心の外側、通常は原子炉封じ込め構造内に配置され、周辺環境の放射線レベル、温度、圧力を監視します。 両方のタイプの検出器は、プラント全体の安全と効率に貢献しますが、炉内検出器は、原子炉の核分裂プロセスに関する重要な情報を提供します。

Processing units in core 001
Nuclear Containment - Wide

封じ込めモニタリング

封じ込めモニターは、封じ込め構造内の放射線レベル、圧力、温度、空気中の汚染物質などのパラメーターを測定するために設計された特殊な機器です。 これらの装置は、プラントオペレーターにリアルタイムデータを提供し、あらゆる異常や事故に迅速に対応し、封じ込めの完全性が維持されます。 封じ込め監視装置は、通常業務や事故中に、プラント要員、一般市民、環境を 潜在的な放射線危害から 保護する上で重要な役割を果たします。

排水放出モニタリング

排水放出モニタリングでは、気体や液体廃棄物ストリームを介して環境に放出される放射性物質のレベルを追跡し、測定します。 このモニタリングにより、放出が規制限界内に留まり、過度の放射線被ばくから国民と環境を保護します。 排水放出モニタリングからのデータは、報告やコンプライアンスの目的にも使用され、確立された安全基準の遵守を実証します。

Nuclear services mantle x2
Ramvision e cran

運用プロセスモニタリング

原子力発電所の動作プロセスモニターは、通常運転中にプラント機器やプロセスのさまざまなパラメーターと条件を継続的に追跡する特殊なモニタリングシステムと機器です。 これらのモニターは、最適な効率を維持し、異常を検出し、安全や性能を損なう可能性のある潜在的な問題を防ぐのに役立ちます。 MIRION運用プロセスモニターは、プラントオペレーターに不可欠なデータを提供し、プラント運転とメンテナンスに関して情報に基づいた意思決定を行い、性能を最適化し、安全を維持できます。

事故後の施設管理

リスクゼロのようなものはないため、NPPオペレーターは事故や事故後の状況下で設備を機能し、管理できるより厳格なより高い基準に従って開発された高性能システムを装備する必要があります。 このタイプの事故が発生した場合に電離放射線モニタリングシステムを使用することは、影響の範囲を制限するために特に重要です。 これらの要件に対応することは、さまざまな仮説に影響を与える物理的値(温度、圧力、処理線量、時間など)が増加し続けるという点で、真の技術的課題です。

Ops 1756 promotion bionix tritium monitoremail header

トリチウムモニタリング

トリチウムモニタリングは、原子力発電所におけるトリチウム含有廃棄物の安全な取扱い、保管、廃棄、そして過度の放射線被ばくからプラント要員や環境を保護するために重要です。 トリチウム漏れを早期に検出することで、タイムリーな是正処置ができるようになり、汚染の拡散や潜在的な事故の防止につながります。 さらに、トリチウムモニタリングは、規制遵守を実証し、施設の運転免許証を維持するために不可欠です。

中性子束モニタリング

中性子束モニタリングは、原子炉の中性子場のパワーレベルと空間分布のリアルタイム情報を提供し、核分裂連鎖反応と直接相関します。 このデータにより、プラントオペレーターは原子炉の臨界を維持し、安定した制御された核分裂プロセスが保証されます。 中性子束モニタリングは、安全マージンを維持し、潜在的な異常を検出し、効率的なエネルギー生産のために原子炉の性能を最適化する上で重要な役割を果たします。

NFMS SDNE

関連リソース

ご質問はありませんか、カスタムソリューションが必要ですか?当社は、お客様の研究をお手伝いします。