Logo Basic

汚染除去、廃止措置、および放射性廃棄物管理

原子力施設の安全かつ効率的な廃止措置を支援するための包括的な機器、サービス、機能の組み合わせ。
DD Power Plant

D&Dプロセスのあらゆる段階に対応する信頼性と費用対効果の高い測定システムおよびサービス。

原子力施設の汚染除去および廃止措置(D&D)は、放射性物質を安全に除去し、最終的に現場を現状復帰して制限なく再利用できるようにするために、長年にわたって複数段階で行われる複雑なプロセスです。

D&Dプロセスにはカギとなる段階が複数あり、ミリオンは現場の安全かつ効率的な廃止措置を支援するための包括的な機器、サービス、機能を提供しています。

DD Chart
Radiation inspection

事前計画およびアセスメント

この段階には、詳細な計画、施設の現在の放射線および物理的状態の評価、廃止措置戦略の開発、規制要件の特定、費用と年次計画の推定が含まれます。 ミリオンの放射線測定装置を、汚染除去および廃止措置の事前計画および承認段階で使用し、施設の現在の放射線状態を評価することができます。 ミリオンの測定システムおよび専門家アドバイザリーチームは、放射性物質の同定および定量化を支援して、安全上の懸念、規制要件、放射性廃棄物管理に対処する包括的なD&Dおよび放射性廃棄物管理戦略を開発し、スケジュールを最適化し、廃棄物コストを最小限に抑えることができます。

汚染除去

この段階では、さまざまな技術を使用して、機器、構造、表面から放射性汚染物質の除去または削減が行われます。その目標は、作業員の放射線被ばくリスクを最小限に抑え、廃止措置中に発生する放射性廃棄物の量を削減することにあります。 ミリオンの可搬型およびラボの放射線測定および分析システム、線量測定サービスおよびシステムは、廃止措置における解体・撤去の段階で放射線のレベルをモニターすることにより、作業員の安全を確保し、過剰な放射線被ばくを防ぎます。 これらの機器は、リアルタイム線量アセスメントを実現し、解体プロセス中に作業員が放射性物質と廃棄物を安全に管理および分離できるようにします。 さらに、現場測定システム(現場チームまたはMirion Expertiseのサポートで導入)により、高放射能領域を分離し、後で除去して別の処理を行うことができるため、低放射能の材料を安価かつ高速に処理できます。

Rough sorting
Verification of wastes 01

解体および撤去

施設の構造、システム、構成部品は、体系的に解体、分解、撤去されます。 放射性廃棄物は分離、特性評価され、適切な処分用にパッケージ化されますが、非放射性物質は従来の廃棄物としてリサイクルまたは処分されます。 ミリオンの放射性廃棄物管理、測定、特性評価システムは、廃止措置における解体および撤去段階で使用され、放射性廃棄物を正確に特性評価し分離します。 これらのシステムにより放射性廃棄物の適切なパッケージ化、輸送、処分を徹底し、環境への影響と放射線被ばくのリスクを最小限に抑えます。 ミリオンの測定および専門家チームは、要件の定義やプロジェクト計画の支援など、現場の重要な能力と経験を提供することができます。

放射性廃棄物管理および処分

廃止措置プロセス中に発生する放射性廃棄物は、確立された規制およびガイドラインに従って管理されます。 これには、現場での保管、現場外での処分、または指定された廃棄物貯蔵施設への輸送が挙げられます。解体および撤去段階の放射性廃棄物管理中に測定システムが使用され、放射性物質を正確に識別、分離、定量します。 これにより、廃棄物の適切な分類およびパッケージ化が確実に行われるため、安全な処分が容易になり、環境汚染のリスクを最小限に抑えられます。 この段階では、コストベネフィット分析が現場と現場外の貯蔵量を比較する重要な考慮事項となります。改めて、ミリオンの製品およびサービスはこのようなアセスメントを支援するように設計されています。

Verification of wastes 03
Spirview mobile

現場修復

汚染土壌、地下水、その他の環境媒体は、規制上の基準を達成するために浄化されます。放射線測定および科学分析システムは、現場の浄化中に使用され、土壌、地下水、その他の環境媒体中の残留放射能を検出および定量します。 このリアルタイムデータにより、効率的な浄化、可能な場合は汚染物質の撤去を可能にし、非放射性利用目的での再利用に適したものにすることができ、浄化作業が安全な現場の開放または再利用の規制基準を満たすことができます。

最終放射線サーベイおよび原状復帰

包括的な放射線サーベイを実施し、現場が規制当局が定めた基準を満たしていることを確認します。 サーベイが正常に完了すると、現場を制限なしで使用できるようにするか、管理された条件下で再利用することができます。 最終放射線サーベイ中に放射線測定および分析システムが採用され、廃止措置後の現場での残留放射能汚染を正確に検出および定量します。 これにより、現場が確立された開放基準を満たすよう徹底し、安全な再利用または無制限の使用を可能にします。

Final Verification 01
Perimeter monitoring system 001

廃止措置後の活動

廃止措置のプロセスは記録され、教訓は将来の廃止措置プロジェクトを改善するために共有されます。 残留汚染および規制要件に応じて、特定の現場で長期的なモニタリングおよびメンテナンスが必要になる場合があります。 廃止措置後の活動中にミリオンの遠隔測定システムを使用することで、現場の残留放射線レベルを継続的に監視できます。 これらのシステムにより効率的な長期モニタリングが可能になり、現場が規制限界内に留まり、放射線レベルの変化を迅速に検出して対処できるようになります。

Decommissioning and dismantling

詳細

困難な廃止措置プロジェクト用のソリューション

製品およびシステム

関連リソース

ご質問はありませんか、カスタムソリューションが必要ですか?当社は、お客様の研究をお手伝いします。